2015年02月20日

トレランレースガイドライン説明会

2月17日(日)、東京・新宿御苑インフォメーションセンターにて、環境省自然環境局国立公園課(岡本課長、長田課長補佐、田村専門官)による『国立公園におけるトレイルランニング大会等の取扱いに関する説明会』が開催された。日山協から八木原副会長、石倉、西山、松隈が参加した。この説明会は15日にも開催され、徳永、小高が参加した。

『国立公園におけるトレイルランニング大会等の取扱いに関する説明会』というのは、トレイルランニング大会の国立公園内での実施に際するガイドラインといことで、本年度末に公示が行われる。

今回の説明会は公示に先立って行われものであるが、取扱い方針が次のように示された。
即ち、「コース設定に関する基本的な考え方として、国立公園の中でも厳正な保護を図っている特別保護地区及び第1種特別地域、それに準ずる自然環境をもつ場所は、原則回避。」とした。
説明会では、コース設定や大会開催やその他各種配慮事項、大会運営側や大会参加者の配慮事項が例示されガイドライン含まれる。

このガイドラインは各地域事情を踏まえ環境事務所で設置する管理計画に盛り込まれるほか、大会開催に関する相談や協議の前提となる。
posted by 山の守人 at 16:20| Comment(1) | 参加レポート
この記事へのコメント
東京都では既に自然公園利用についてルール(案)が示され、意見公募が行われた。
http://www.metro.tokyo.jp/INET/BOSHU/2014/11/22obe200.htm
Posted by 山の守人 at 2015年02月27日 17:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: