2016年02月25日

平成28年2月 自然保護常任委員会議事録

1、日 時:平成28年2月18日(木)18:00〜19:45
2、場 所:岸記念体育会館 4階特別室
3、出 席:仙石、手塚、小林、岩崎、増田、堀江、西山、小島、小高、廣田、猪狩、濱田、
松隈、紅葉、湯浅
(14名)    (委任) 田上
浅見 豊 氏のご逝去を悼み黙祷

4、議事
1)議事録確認 
イ)平成28年1月度月例自然保護常任委員会議事録 (確認)
2)報告
イ)山岳団体自然環境連絡会 1月22日(於:労山) 松隈が参加
山の定点観測実施協力について(持越し)
「鹿食害の全国規模アピール集会(仮称)」シンポ開催提案について(持越し)
COP21フランスが開催され気候変動と温暖化の議論について(持越し)
次回 2月26日18:30〜 労山事務所1階会議室
ロ)関東地区山岳連盟総会 自然保護会議  2月6日 埼玉県立スポーツ会館
    埼玉、群馬、茨城が参加 (出席:岩崎・堀江)
ハ)シンポジューム「箱根、丹沢、富士山、伊豆半島におけるニホンジカ対策の現状」
 2月13日 箱根・県立生命の星・地球博物館(出席:紅葉・岩崎)
静岡・神奈川の管理捕獲の状況について専門家報告など
二)平成27年度代表者会議  2月14日 (出席:松隈)
ホ)浅見豊 元常任委員がご逝去  2月14日 秩父市にて通夜 (出席:岩崎、松隈)
へ)高校生の自然保護指導員任用について 高体連了承にて、常務理事会へ上申(2月25日審議予定)
・提案内容(資料1)
ト)自然保護委員会 予算案 前年比17万円増の見込み 
(総額:285万円、収入内訳:協会99万円・参加費186万円)
チ)HAT−J フォーラム「ライチョウを通して見る日本の自然環境」2月13日 (出席:廣田)
3)審議
イ)来年度計画日程の確定について(資料2 一部再掲)
ロ)H27年度出前講座のについて
・予定会計の確認(資料3)
・講座テキストの確認(資料4  別綴じ)
ハ)常任研修会の実施について
・要項(案)了承 参加集約は松隈にて(資料5)
二)環境省自然公園指導員功労者表彰推薦について (2名の候補を推薦調書提出)
4)自由討議
イ)平成28年度常任委員会の構成について
    現状継続の見込み
5)情報交換・連絡事項
イ)伊吹山問題のその後について
ロ)次回から第40回委員総会(記念大会)実行委員会の立ち上げ検討開始(腹案を持ち寄り)
ハ)小林委員、長野県ライチョウサポーターズに登録
6)次回の開催
次回予定: 3月17日(木) 18:00〜   岸記念体育会館 4階特別室
posted by 山の守人 at 14:10| Comment(0) | 会議等報告

平成28年1月 自然保護常任委員会議事録

1、日 時:平成28年1月16日(木)10:00〜12:00
2、場 所:都内 アルカディア市ヶ谷
3、出 席:仙石、手塚、田上、小林、岩崎、増田、堀江、西山、小島、小高、廣田、濱田、松隈、紅葉、
(14名)    (委任) 湯浅、猪狩
4、議事
   議事冒頭で仙石登山部副部長の挨拶(CONEの実現などキッズ世代のへの自然活動促進について)
1)議事録確認 
イ)平成27年12月度月例自然保護常任委員会議事録
2)報告
イ)山岳団体自然環境連絡会 12月27日(於:労山) 松隈が参加
「トレールランニング等とモニタリング手法検討委員会」(連絡会幹事労山参加)について
山の定点観測実施協力について
「鹿食害の全国規模アピール集会、または、シンポジウム (仮称) 」シンポ開催提案について
COP21フランスが開催され気候変動と温暖化の議論について
次回 1月22日18:30〜 労山事務所1階会議室
3)審議
イ)来年度計画日程の確定について(資料1)
ロ)H27年度出前講座の実施について(資料2)
ハ)高校生の自然保護指導員任用について(資料3)
二)常任研修会の実施について(資料4)
ホ)伊吹山問題のその後について
4)情報交換・連絡事項
イ)シンポジューム「箱根、丹沢、富士山、伊豆半島におけるニホンジカ対策の現状の開催について」主催:環境省
日時:平成28年2月13日(土)13:00〜16:20
場所:神奈川県立生命の星・地球博物館内 SEISAミュージアムシアター
   〒250-0031 神奈川県小田原市入生田499
参加:参加費無料、事前申込不要(定員300名)  (資料5)
ロ)フォーラム「ライチョウを通して見る日本の自然環境」(東邦大 小林篤非常勤講師)
主催:HAT-J
日時:平成28年2月13日(土)18:00〜19:00
場所:オリンピック記念青少年総合センター セ401
参加:参加費無料、事前申込要(HAT-J事務局)
ハ)山のトイレを考える会
    トイレゴミの持ち帰り運動(山のトイレを考える会が外部助成を受けた活動)
二)外国人登山者に対する協力(指導)呼びかけが言語的な問題
    雲取七つ石付近(幕営禁止地域)での香港人キャンパー
    野沢温泉スキー場でのフィンランド人のコース外滑走で遭難
ホ)乗鞍岳でのライチョウ抱卵時期における春スキー規制遵守の呼び掛け

5、次回の開催
次回予定: 2月18日(木) 18:00〜   岸記念体育会館 4階特別室
posted by 山の守人 at 14:04| Comment(0) | 会議等報告

2016年01月15日

ソーラーランタン収納用巾着

ソーラーランタン・クリアトップの注文を日本山岳協会自然保護委員会で取りまとめています。
価格は@2,500です。この売り上げの一部(約300円)は販売元の櫻企画のご好意で日山協の進めるネパール大震災復興救援金に充当されます。
昨年の9月からこの取り扱いを始めてから今まで、累計で183台の注文を取り扱い、5万8千円余がネパール大震災復興救援金に充当されました。ご協力いただきまし加盟団体自然保護関係者にお礼を申しあげます。

このソーラーランタンですが、収納袋のご要望が多々ありましたところ、このたび専用の巾着を用意することになりました。詳細は追記をご覧ください。
続きを読む
posted by 山の守人 at 10:37| Comment(0) | 情報